爽子のSideM日記

ベムのP。担当は硲道夫。かわいい子が正義。

ハマったばかりの私が好きなsideMの歌詞TOP10の話


わーー!2018年が終わっちゃいますね。ギリギリに滑り込みたいこのブログ。
色々な出会いがあった今年でしたがそのまとめとして、
「sideMで私が好きな歌詞2018年版」
を書くことにしました。言葉が大好きな私ですが一体全体結局何の歌詞が好きなの〜!?ということで、滑り込めたことをただただ祈る。
またどんどん書き足すと思うので見てね。


最初は10位から。
まだまだ自分は全ての曲を歌詞カード片手にちゃんと聞けているわけじゃないので、2019年はもっと変わっている可能性はあるけれど…それでもsideMにハマって2ヶ月の人間でもこんなこと考えながら過ごしてました、みたいなのを2018年の最後の記録として残したくて。

ただ!知って2ヶ月のいわばsideMにわかな私なので、それは解釈ちがうよ〜と思ったら「そっちは逆〜!」とか言ってください(「そっちは南〜!」のノリで)。恥ずかしいからね。お願いです。よ。
ではでは。
カウントダウンスタートです:)










10位 「さぁ行こう! 選んだ道の先へ 過去が未来を輝かせてく」(Reason!! / 315 STARS)


アニメ「アイドルマスターsideM」のOP曲のサビのワンフレーズ。sideMは「"理由"あって」アイドルになった人たちの物語なわけですが、これこそまさにな曲だ!と思いました。
あとはsideMの曲の中で一番最初に聞いたのがこのフレーズでした。
過去ありきの彼らなんだよね。逆にその「過去」がなければ彼らとは出会えなかったんだと思うと、「過去」にも感謝だなと、そう思うわけです、えぇ。私も人生の何かしらの一歩が違えば、こんなにsideMを好きになることはなかったのかもしれないし。すごいね人生ってさ。
サビの頭で「さぁ行こう!」と「最高!」と「315」がかかっているのもすごくすごく好き。そういう日本語的な韻の踏み方が私はすごく好きなんですよね…。さすが松井神だ…。







9位 「笑いの記号"w"を 現在進行形にしちゃえよ "Wing"ほら、飛べるさ」(Study! Equal Magic! / S.E.M)


こういう、言葉遊びのある歌詞がすごく好きな私。元・英語教師であるまいたるのパートは英語が混ざる系が多めで面白くて好きなんですがやっぱこれかな〜って感じです。
S.E.Mは元・教師という立場から私たちPを応援してくれるのがすごく好きで。「From Teacher To Future!」もあの三三七拍子で応援してくれるのが好き。あれはS.EMにしかできないね。
数学と化学と英語なんて私が苦手な一般教科TOP3にちゃんと入っている教科なんですけど、この3人に教えてもらえていたら、何かが違ったのかなとか思ってしまったり(でも本当にリアル生徒だったらどうだったかはわからない)。
とか言いつつ私はすっかりS.E.M硲Pと成り下がっているんですけど。同じ曲中に出てくる硲道夫の「割り切れないその感情に√(ルート)を与えよう」も大好きです。「割り切れない」と「√(ルート)」がかかる…みたいな。そういうのが好きなんだよ私はさ…。そういえばこれも松井神…!?

アイドルマスター SideM THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE-06 S.E.M

アイドルマスター SideM THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE-06 S.E.M






8位 「慣れるのは痛みじゃなくて この歌にしてほしい」(ハートフル・パトロール / 握野英雄)


元・公務員で構成されたユニットFRAMEの元・警察官の彼のソロ曲。私はFRAMEでは英雄推しなんですけど、爽やかな曲調の中に彼の正義がチラリズムするのがすごく好きなんですよね…。警察官だった彼だからこそ、人が苦しんでいる姿には自分のことのように心が痛むんだろうなとか、自分の歌を聞いてみんなが元気になってほしいとか、それが全て詰まってるんですよ…。sideMのソロ曲は個人にフォーカスを当てて内容が良いものばかりなので気になったものから聞いてほしい…。そして熊ちゃんの笑顔も好きで好きで…。熊ちゃんめちゃいいよ…FRAMEとCafé Paradeで出ていたアニソンプレミアムもよかったね。これほんと、聞いてほしいです…聞いて……(息絶える音)

アイドルマスター SideM THE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 08

アイドルマスター SideM THE IDOLM@STER SideM ORIGIN@L PIECES 08






7位 「歩いてきたwinding road 違ってるから 同じ(きもち)ずっと(ずっと)大事にできる」(スマイル・エンゲージ / Beit)


Beitは「Beitファミリー」と歌わせているくらい、3人の家族感が溢れるグループなんですが、こういう認識を共有しているからこそ、家族よりも家族になれるのかなと思って。Beitは名前の通り「元○○バイト」の集まりではあるけど、「家族」というワードにもそれぞれ思いがあって、だからこそ3人集まってBeitファミリーになれるのかなとか色々考えてしまった。
仕事をするときだけ黒染めをする父・恭二と究極のドラテクを披露する母・みのり。その2人の愛息子・ピエール。ピエール本当に2人の子供みたいだよね。ピエール本当に可愛いよね。ソロ曲の歌声が可愛すぎて鼻血出すかと思った。ピエール担当じゃなくてもピエール可愛がっちゃうよ。お小遣いあげたい。






6位 「君が立っている世界で誰かが夢を叶えたんだ」(Symphonic Brave / Legenders)


意味深!!意味深ですよね〜〜!!この意味深さが好きで好きで好きで。
元々この3人にはモデルがいるとされているらしく(ついこの間sideMのことを得意のネットサーフィンで調べていて知った)「歴史」が1種の彼らを司るワードなわけなのですが、なんと舞台は大都会のビル群。あの候補生オーディションで選ばれた3人が歌い上げる、現代人へのエール。今までは応援してもらってばかりだったけど、今度は俺たちが貴方たちの背中を押しますよ、と。これもとりあえず歌詞全部見てくださいと言いたい。ナイスVOICEな雨彦とクリス、それに挟まれた甘い声帯の想楽くんが奏でるLegendersの音楽、すごく好きです。衣装も私はすごく好きなんだけど世間的にはタイム風呂敷なんだってね。私のファッションの好きはやっぱりちょっと違うのだと改めて気づかされてしまったLegendersです。








5位 「なんて幸せなんだろう!」(Tone's Destiny / Altessimo)


アルテの全てがこのフレーズに全て詰まっていると言っても過言ではない。私は2ndライブのBlu-rayで初めてアルテを見たんですが、最初っから神々しいという言葉は彼らのために生まれたのかと錯覚するほど心が大変なことになってしまった。私たちは教会にいたのかな?
あのドラスタやハイジョなど、激しい曲で盛り上がってお祭り騒ぎのようだった舞台があの一瞬だけアルテたった2人だけの世界になる。
「めぐりゆく日々のなか 迷子のアイデンティティ それでも失くせなかった"音楽"」と歌っていた彼らが、音楽をすることに純粋に幸せを感じてくれていることがなによりも嬉しい。当時はギリギリな感じだったのかとか、色々思ってしまったり。オバチャンは嬉しいよ。君たちにもお小遣いあげよう。良いもの食べてほしい、特に都築さんには。






4位 「求められたいからじゃない 求めたい笑顔がある」(勇敢なるキミへ / FRAME)


自己奉仕の塊すぎるFRAME…。本当にFRAMEはみんなのヒーローだと思った歌。この歌の歌詞自体、「俺らが背中を押してやるから大丈夫だ!」っていうど直球の歌なんですけど、本当に好きです。「ずっと叶えたかった未来 それは今日なのさ」「シュンとしないで今 Only name… 呼んでくれよ FRAME ほら Don't worry! 希望なら その手にあるだろう? キミはbraver!」「そっと背中押していいかい? 願いはひとつさ いつまでも キミのヒーロー そばにいるから」
FRAMEありがとう…ありがとう…ってなります。元気がないときはこれを聞くことに決めてます。
コールが1番好き。神速も最近はキテるよ。






3位 「( We are Monsters! )こうでなきゃなんてありえない!」(Reversed Masquerade / Café Parade)


カフェパレの曲って「"今の自分"をそのままでいいじゃん、自分らしくいようよ」って訴えかけてくるものが多いよね。
この曲自体、ちょっとダークで怪しい雰囲気を漂わせるメロディがすごく好みなんですが、この部分はシェフをクビにされてしまったアスランが歌っていて、それがまたいい。まるでアスラン=ベルゼビュート=Ⅱ世役の古川慎さんの声がコンサートホールにいるかのような響きで思わず圧倒されてしまい。カフェパレの曲ってまさに「315!」なんですよ…カフェパレの歌のおかげで自尊心を保つことができる。
歌詞の中で東雲が「おかしくたって構わない」と歌ったり、咲ちゃんが「可愛くなってしまえばいい!」とか、歌詞とパートわけがきちんとされている、Café Paradeにしか歌えないものばかりで(みんなそうだけどね!)世界観が大好きです。

ゲーム 『アイドルマスター SideM』THE IDOLM@STER SideM 3rd ANNIVERSARY DISC 01 (特典なし)

ゲーム 『アイドルマスター SideM』THE IDOLM@STER SideM 3rd ANNIVERSARY DISC 01 (特典なし)






2位 「君は(君も)ありのままでいいんだ(僕らのように) 好きなことは好きだと言えばいい」(Á La Carte FREEDOM / Café Parade)


またまたCafé Paradeでごめんね。本当に好きなのだ。
他人がどう思おうと、自分らしくいられるなそれでいいから!僕たちもそうだからさ!って言ってくれるのが何よりも嬉しい。
悩んだときにメルヘンな曲調で流れてくるカフェパレの歌詞に「このままでもいいんだ」と思わせてくれるのは、本人たちがそうだからであって、何よりも説得力があると思う。今まで聞いてた「自分らしくいようよ」系の歌は「なるほどなぁそうだよなぁ」と思いつつも「でも本人たちってどうなの!?」と思ってしまう部分も多々あり(ひねくれていると言ってもいい)、「そうだよね!!!!!」とはなかなかなれずにいたけど、カフェパレだけはやっぱり違う気がする。だって本人たちが自分のやりたいように生きているから。それってやっぱり大きいよね。

アイドルマスター SideM THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE-10 Cafe Parade

アイドルマスター SideM THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE-10 Cafe Parade






1位 「信じた夢は決して君を見捨てない」(With…STORY / F-LAGS)


私の中でのダントツ1位。
この歌詞の部分で私はボロボロ泣いた。私自身ものすごく卑屈で、すぐ過去の悪いことばかり思い出してグダグダして、すぐ私なんか私なんかって落ち込んでしまう人間なんですけど、F-LAGSは過去をすごく肯定してくれる歌詞が多くて、知らず知らずのうちに涙を流していた。
特にこの曲はサビ部分でも「諦めないで どんなプロローグも きっと意味があるよ」と言ってくれる。元・女装アイドルの涼ちん(秋月涼)を含め、ディープな過去(笑)がある九十九一希、兜大吾F-LAGSの3人がそう言ってくれるからこそなんだと思ってさらに泣いた。車内だったのでちょっと危なかった。これからF-LAGSは車の中ではかけません。かけたら死ぬ。私が死ぬ、肉体的にも死ぬ。

アイドルマスター SideM THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE-14 F-LAGS

アイドルマスター SideM THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE-14 F-LAGS






自己肯定してもいいんだと思える歌詞が好きなんだな私、と思うブログ記事。

個人的なことをいうと、私のジンクスとして「秋にハマったジャンルは一生モン」というものがあります。sideMに出会ったのも11月の秋でした。
きっとsideMとは長い長い付き合いになっていくのかな。そうだといいな、と思います。
私自身はすっかりゾンビたちに足を掴まれてしまって逃げられません。仕方ないので3rdライブの仙台公演と福岡公演、静岡公演、全て予約しました。幕張公演はアニメを見てゆっくり消化しようと思っていたんですがたまらんくなって我慢できずに見ちゃいました。
「Five-St@r Party!!」も買いましたよ。それについてはまたブログに書きます。合宿も含めて言いたいことが多すぎる。





ではでは、
2019年も良い年になることを祈ってます。
次の元号もよろしくね!!(深町語録より)


とりいそぎ。
爽子でした。